logo

アイルランド政府、注文したプリンターが建物に入りきらず多額の出費

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年11月28日 07時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私たちは誰でもプリンターの問題を抱えているが、アイルランド政府の苦悩はその比ではない。The Irish Timesが先週末に報じたところによると、同政府が小森コーポレーションに発注していた80万8000ユーロ(約9700万円)もするプリンターがアイルランドの議会(ウラクタス)の議事堂に最初に納入されたのは2018年12月のことだったが、このプリンターが建物内に入らず、同政府は余計な出費をすることになったという。

アイルランドの国会議事堂
アイルランドの国会議事堂
提供:Artur Widak/NurPhoto via Getty Images

 その後このプリンターは10カ月もの間倉庫に保管されることとなり、政府は、建物の改築と未使用プリンターの保管費用に23万ユーロ(約2700万円)を投じることになった。

 そしてようやくプリンターは建物内に設置されたが、The Irish Timesによると、ウラクタスの一部の職員は、昇給を求めてプリンター操作のトレーニングを拒んでいるという。なお、このプリンターが具体的に何の目的に使用されるのかは不明。

 小森コーポレーションは、政府や大手印刷企業を対象に印刷機や印刷装置を製造する日本企業。

 米CNETではウラクタスの報道担当局ならびに小森コーポレーションのアイルランド代理店にコメントを求めたが、回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]