logo

インテルとMediaTek、ノートPC向け5Gモデムの開発で提携

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年11月26日 11時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2021年のノートPCは、IntelとMediaTekのおかげで5G接続に対応しているかもしれない。両社は11月25日、ノートPC向け5Gモデムのソリューションで提携することを明らかにした。

Ice Lakeプロセッサー
提供:Stephen Shankland/CNET

 具体的には、Intelが5Gソリューションの仕様を「定義」し、それに含まれる5GモデムをMediaTekが開発する。Intelは最適化と検証を担うとともに、PCメーカー各社が自社製品にそのモデムを組み込めるよう支援する。

 MediaTekとIntelの技術を使った5G対応ノートPCの開発には、DellとHPの2社がパートナーとして参加する。最初の製品は2021年初めに市場に投入される予定だ。この5Gモデムは、2019年5月に発表されたMediaTekの「Helio M70 5G」モデムをベースとして開発される。

 今回の提携は、台湾企業であるMediaTekにとっては大規模な米国市場への参入を後押しするものだが、Intelにとっては5G対応PCの市場から締め出されないようにするための戦略だ。また、Intelにとって特に重要な市場の1つであるPC市場を守るための取り組みでもある。Intelは長い間、PC向けチップの大半を製造してきたが、もともとスマートフォン用に設計されたプロセッサーで競合のQualcommが頭角を現し、確固たる地位を築いてきた。Qualcommの製品が備えるバッテリー持続時間の長さと接続性は、従来のPCにはないものだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]