logo

Uber、ロンドンでの営業免許を更新できず--安全面に懸念

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年11月26日 10時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロンドン交通局(TfL)は現地時間11月25日、ロンドンでさらに5年間営業するためのUberによる免許更新の申請を却下した。TfLは同社が「適切に対応」できておらず、安全面の懸念があるとした。

地図アプリの画面
提供:Ben Fathers/AFP via Getty Images

 Uberの配車サービスにロンドンでの営業免許を交付しないとTfLが判断したのは、この2年間で2度目だ。TfLは2017年9月にも、Uberによる新たに5年間の免許申請を却下している。長期にわたる公な争いの末に、2018年6月に15カ月間の一時的な営業許可が同社に与えられ、2019年9月にはさらに2カ月延長されていた。

 その間、Uberはロンドンでの営業を継続する一方で、同社の文化、ポリシー、ツール、機能に多数の変更を加えた。しかしTfLによると、それらは乗客の安全を保護する上で十分でないという。

 最高経営責任者(CEO)のDara Khosrowshahi氏は25日、この決定に対する失望をツイート。ロンドンでの事業運営のやり方を過去2年間で根本的に変えてきたとした。

 「高い基準に沿うよう求められていることは認識しており、当社はそうあるべきだ。しかし、今回のTfLの決定は全くの誤りだ」(同氏)

 Uberは21日以内に異議を申し立てることができ、そのプロセスの間はロンドンでの営業を継続できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]