logo

デスクトップPC「ThinkCentre」のCTO納期を最短5営業日へ--米沢工場生産スタート - (page 2)

坂本純子 (編集部)2019年11月25日 12時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやくThinkCentreに着手した背景とは

 なお、ノートPCである「ThinkPad」シリーズのCTO生産は、すでに2015年より同じ米沢工場でスタートしている。これまでThinkCentreができなかった理由はなにか。

 「生産的には問題なく、ロジスティクスの問題が大きかった」(ベネット氏)と説明する。「ひとつは日本のマーケットが絶好調なので足りないところに投資した。デスクトップのシェアも増やしたい。伸ばすにはどうしたらいいか。『納期を短くしてほしい』という声があり対応した」(ベネット氏)

NEC PC 米沢工場の概要
NEC PC 米沢工場の概要

 今回のThinkCentreのCTOスタートに伴い、1日あたり150台~200台を生産できる製造ラインを2ライン設置することで、合計1日あたり300台~400台の生産ができるようにしている。1ライン3人~5名で稼働しており、およそ10数名の雇用創出にも貢献している。

これまでの歩み(ThinkPadの生産は、2014年はテストパイロットのスタートで、正式には2015年)
これまでの歩み(ThinkPadの生産は、2014年はテストパイロットのスタートで、正式には2015年)

 今回のThinkCentre出荷式に伴い、米沢市企画調整部 部長の我妻秀彰氏も登壇。「市民も、米沢で作られた製品に愛着を持っており、NECを求める割合が多いと聞いている。さらにレノボの生産により、海外にも広くMADE IN 米沢の名前が広がるよう、今後の発展を祈念したい」とコメントした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]