logo

ロシア、国産ソフトウェアをプリインストールしていないスマホなどの販売を禁止か

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年11月25日 10時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシアが、同国製のソフトウェアをプリインストールしていないスマートフォン、コンピューター、スマートテレビの販売を禁止する法律を可決したと報じられている。BBCによると、この法律は2020年7月に施行されるという。法案は現地時間11月21日にロシア議会下院を通過したとみられる。

Vladimir Putin露大統領
Vladimir Putin露大統領
提供:Mikhail Klimentyev\TASS via Getty Image

 国外から輸入されるデバイスについて、通常プリインストールされているソフトウェアをロシアが禁止するわけではない。ただし、ロシア製ソフトウェアのプリインストールも義務づけられるということだ。支持派はこの法案について、ロシアのテクノロジーを推進することに重点を置いていると述べた。

 批判派は、ロシア製ソフトウェアが監視の手段として使われるおそれがあるほか、この要求がロシアからの企業撤退につながりかねないと指摘した。

 西側のIT企業はここ数カ月、ロシアの圧力を受けてきた。たとえば、8月にモスクワで自由な選挙を求める抗議デモが起きた後、ロシア政府はGoogleに対し、傘下のYouTubeで「違法な集会」を宣伝しないよう求めた。またAppleは、独占禁止法違反の疑いで調査を受けている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]