logo

ピレリ、滑りやすい路面状況を警告するタイヤ「Cyber Tyre」--5Gで他車と情報共有

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タイヤメーカーのPirelli(ピレリ)は、自動車の走行中に滑りやすい危険な路面状況を認識すると、その情報をドライバーや先進運転支援システム(ADAS)へ伝えたり、5Gネットワーク経由で他車と共有したりする技術「Pirelli Cyber Tyre」を発表した。

滑りやすい路面状況を5Gで共有(出典:Pirelli)
滑りやすい路面状況を5Gで共有(出典:Pirelli)

 Pirelli Cyber Tyreは、タイヤに取り付けたセンサーで取得したデータを解析し、水が溜まるなどして滑りやすい路面かどうか判断する。危険を認識した場合は、ADASを適切に制御して安全を確保する。乗心地の改善にもつながるという。

 さらに、危険な路面情報は5Gネットワークを介して送信され、その地点を通過するであろう他車にも知らせられる。こうすることで、事故を未然に防ぐといった対応ができる。

 Pirelliは、5Gネットワークが高速かつ低遅延だからこそ、このような処理が可能だとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]