logo

JR北海道とゼンリン子会社、GPSなしでドローンがトンネル内を自動飛行--検査に活用へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンリン子会社のゼンリンデータコムと北海道旅客鉄道(JR北海道)は、GPSによる測位ができないトンネル内で、ドローンを自動飛行させる実証実験を実施した。将来、この技術をトンネル検査に活用したい考え。

GPSに頼れないトンネル内を自動飛行(出典:ゼンリンデータコム)
GPSに頼れないトンネル内を自動飛行(出典:ゼンリンデータコム)

 これまでJR北海道は、トンネルの検査を担当者が徒歩と目視で実施してきた。この作業を省力化するため、トンネル内を飛行させたドローンで壁面などを撮影し、その画像を検査に使おうとしている。

 ただし、ドローンの飛行制御に必要なGPS衛星の電波は、トンネル内に届かない。そのため、ドローンが自ら周囲の状況を把握し、形状などから位置を認識する必要がある。具体的には、レーザーセンサーやカメラでトンネルの断面形状をリアルタイムに把握し、その情報から居場所を判断するそうだ。

 ゼンリンデータコムは、ドローン飛行技術をJR北海道に提供。実験では、トンネル内でドローンを自動飛行させ、動画と静止画を撮影した。

 両社は、今後も共同で研究開発を進める。将来、ドローンで撮影した画像のAI解析などの取り組みも検討していく。

実験の紹介ビデオ(出典:ゼンリンデータコム/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]