logo

イケアの新スマートLED電球は10ドル--米国で発売

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2019年11月14日 11時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IKEAが手頃な価格のスマートLED電球をスマートホーム製品のラインアップに追加している。ガラス部分がブラウンに着色されたレトロ風の電球で、米国では9.99ドル(約1080円)で販売される。明るさは最大250ルーメンでワイヤレス調光にも対応する。IKEAの商品説明では「昔の電球のフィラメント、ほのかに色が付いたガラス部分、暖かみのある光を再現した」とされている。9to5Toysが米国時間11月13日、この電球の発売について報じていた。「TRÅDFRI」シリーズでこの電球を操作できるリモコンも別売りで用意されている(15.99ドル、約1700円)。

IKEA
提供:IKEA

 IKEAは2017年にスマートホーム製品のラインアップを発表した。当初は電球、照明パネル、キャビネット用の照明のほか、アクセサリー類(リモコン、モーションセンサー、ルーターゲートウェイ)などが発売された。

 現在は、形やサイズもさまざまなスマート電球10種類以上をそろえ、米国では8.99〜19.99ドル(約980〜2170円)で販売している。ハイエンドモデルの電球では、光る色を9色から選ぶことができる。また、ゲートウェイ、調光スイッチ、モーションセンサー、リモコンなどのアクセサリーと電球をセットにしたキット製品も販売されている。TRÅDFRIシリーズのリモコンでは、最大で10個までのLED電球を操作できる。

 さらにIKEAは最近、スマートブラインド「FYRTUR」の販売も開始している。当初米国などで4月に発売予定だったが、ファームウェアの改善を理由に発売が延期されていた。付属のリモコン、あるいはTRÅDFRIゲートウェイと「IKEA Home smart」アプリを使うと、ワイヤレスで操作できる。また、「Google Home」での音声による操作も可能で、Appleの「HomeKit」とAmazonの「Alexa」も今後サポートされる予定だとIKEAでは述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]