logo

イケア、Sonosと共同開発したスピーカ「SYMFONISK」をお手頃価格で発売へ

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高橋朋子 (ガリレオ)2019年04月09日 13時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スウェーデンの家具大手IKEAの新しいスピーカ製品シリーズは、「SYMFONISK」と呼ばれる。いかにもスピーカらしい名前だ。そのうちの1つはランプに組み込まれた製品となる。

SYMFONISK
SYMFONISK
提供:IKEA

 この最新スピーカが最も引き付けそうなのは、普段はIKEAに縁遠いオーディオファンだ。というのも新製品は、高品質で人気の高い、家全体で使えるWi-Fiオーディオシステムを手がけるSonosとの共同開発で、しかも価格が現行世代のSonos製スピーカより安い。

 SYMFONISKシリーズは2製品からなり、Wi-Fiスピーカ内蔵型のテーブルランプが179ユーロ(約2万2000円)、「ブックシェルフ」型のWi-Fiスピーカが99.95ユーロ(約1万3000円)だ。

 両製品とも、Sonosのアプリを通じて操作できる。両製品ともマイクを内蔵しないため、直接の音声操作はできない。「AirPlay 2」に対応するほか、ペアでステレオとして使用することも可能だ。

 SYMFONISKは2019年8月にIKEAの店舗またはIkea.comで発売予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]