logo
Indiegogo

iPhone 11 Proのトリプルカメラに対応した拡張レンズ付きケース「ShiftCam」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最新スマートフォン「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」は、背面カメラがトリプルカメラとなった。撮影する写真やビデオの美しさが向上したうえ、多彩な画角で楽しめる。

 これに合わせ、iPhoneのカメラをより活用するためのレンズ付きケース「ShiftCam」も進化し、iPhone 11 Pro/Pro Max用の「ShiftCam」となり、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」に登場した。

トリプルカメラに対応したShiftCam(出典:Indiegogo)
トリプルカメラに対応したShiftCam(出典:Indiegogo)

 ShiftCamは、iPhoneに装着するジャケット型ケース。背面には複数のレンズがあり、レンズユニットをスライドさせることでカメラに重ねるレンズを素早く切り替えられる。レンズを替えることで、マクロ撮影や望遠撮影などが可能になる。

使うレンズをシフト操作で選ぶ(出典:Indiegogo)
使うレンズをシフト操作で選ぶ(出典:Indiegogo)
指1本でシフト可能(出典:Indiegogo)
指1本でシフト可能(出典:Indiegogo)

 ShiftCamの最新モデルは、トリプルカメラとなったiPhone 11 Pro/Pro Maxに対応。4倍望遠、10倍マクロ、20倍マクロ、180度魚眼の各撮影に使えるレンズと、円偏光レンズ(CPL)の合計5種類のレンズを搭載する。CPLを使うと、ガラスや水面で生ずる反射光を低減し、ガラス越しや水面下の被写体をクリアに撮影できる。さらに、青空の深みを強調することにも使える。

4倍望遠の効果(出典:Indiegogo)
4倍望遠の効果(出典:Indiegogo)
マクロや魚眼、空の深みを増すCPL(出典:Indiegogo)
マクロや魚眼、空の深みを増すCPL(出典:Indiegogo)
CPLは反射光も低減(出典:Indiegogo)
CPLは反射光も低減(出典:Indiegogo)

 また、保護ケースとしての機能も備え、落下時にiPhone本体を守る。レンズにはカバーが設けられ、汚れや傷がつきにくい。

レンズはカバーで保護(出典:Indiegogo)
レンズはカバーで保護(出典:Indiegogo)

 なお、背面デュアルカメラの「iPhone 11」用ShiftCamが搭載しているレンズは、10倍マクロ、180度魚眼、CPLの3種類。

iPhone 11用のレンズは3種類(出典:Indiegogo)
iPhone 11用のレンズは3種類(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は1万ドル(約109万円)。記事執筆時点(日本時間11月11日13時30分)でキャンペーン期間は25日残っているが、すでに目標の10倍近い約9万8000ドル(約1068万円)の資金を集めている。

iPhone 11シリーズ用ShiftCamの紹介ビデオ(出典:YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]