logo

ソニーアイボのソフトウェアAPIを公開--感情を尊重したプログラミングが可能に

加納恵 (編集部)2019年11月11日 15時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは11月11日、エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」のソフトウェアAPIを公開したと発表した。aiboのライセンスプログラムである「aiboデベロッパープログラム」を通じて実施する。

aiboデベロッパープログラム
aiboデベロッパープログラム

 ソフトウェアAPIは無償で利用でき、aiboの動きなどをプログラミングすることが可能。一般的なロボットのAPIとは異なりプログラムを実行したときにアイボの心理状態により異なったふるまいをすることがあり、アイボらしさを残しつつプログラミングができるとしている。

 aiboデベロッパープログラムは、aiboのソフトウェアAPIを使用する人を対象としたライセンスプログラム。開発に必要なaiboへのアクセス手順や、各種ドキュメント類をまとめている。一般的なREST APIと同様に、インターネット環境があれば実装が可能だ。

 あわせて、プログラミング初心者向けのツールとなる「aiboビジュアルプログラミング」も公開した。ドラッグ&ドロップが中心の簡単な操作で、初心者でも使いやすいインターフェースを採用し、子どもや初心者でも簡単にaiboのプログラミングが可能。こちらも、aiboの状態によりふるまいが異なるため、一般的なプログラミングツールでは味わえない体験ができるとしている。

aiboビジュアルプログラミング
aiboビジュアルプログラミング

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]