logo

「年齢はただの数字。頑張れば何でもできる」--11歳の女性CEOメフタさんに聞く - (page 3)

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2019年11月11日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--前ファーストレディのMichelle Obamaさんから手紙をもらったそうですね。どんなことが書かれていましたか?

 彼女は、私はよくやっているし、目標と情熱に向かって頑張り続けるだけでいい、私を止められるものは何もないと言ってくれました。

--その手紙を読んでどう感じましたか?

 非常に光栄に思いました。あれは人生で最高の瞬間の1つでした。そして、自分がやっていることや、目標や情熱や、自分のたくさんの小さな夢が、世界に大きな影響を与え始めていると感じました。あの手紙は私にさらに頑張り続け、好きなことをやり続けるための力をくれました。

--コーディングを始めたころに、あなたの目標になった人物はいますか?

 もちろん両親は、私をとても助けてくれました。しかし私は、特に2人の人たちを目標にしていました。Grace HopperさんとAda Lovelaceさんです。Ada Lovelaceさんは、ある意味でコンピュータプログラミングを作ったと言っていい人物ですが、彼女は女性でした。あの頃の女の子にそれだけのことができたのなら、今ならもっとすごいことができるはずです。

 そしてGrace Hopperさんは、本当に刺激を与えてくれる人物です。彼女があらゆる制約や限界を超えて前に進み、本当にやりたいことを実現するために努力したことは、とても刺激になっています。

--あなたが一番誇りに思っていることは何ですか?

 私が開いたワークショップで、子どもたちが初めてコードを書いたときに見せる笑顔です。それが何よりも、私がやってきたことには意味があると教えてくれます。子どもたちは、ゲームにのめり込み、夢中になります。それが私にやる気と誇らしい気持ちをくれ、幸せを感じさせてくれます。

--あなたの目標はYes, 1 Billion Kids Can Codeだけではありませんね。ほかにはどんな目標がありますか?また、大人になったら何になりたいですか?

 大きな目標の1つは、もっと多くの女子を技術の分野に進ませることです。私は「Cookies with CoderBunnyz」というインタビュー企画を持っています。これは、私のような子どもが学ぶべき教育者や、起業家や、司書や、テクノロジー分野のリーダーなどから話を聞くというものです。

 大人になったらなりたいものは、米国の大統領ですね。その理由は、多くの素晴らしい人たちと連携するためのプラットフォームを得られると思うからです。

--最後に、あなたが好きなデバイスは何ですか?

 多分、私のコンピューターです。コンピューターがあれば色んなことができますから。かなり小さなデバイスですし。コンピューターを使えば、たくさんのことができます。コードを書くことも、ものを作ることも、ソフトウェアを作ることもできるんです。私のお気に入りのデバイスです。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]