logo

デノン、ワンボディでも迫力再生--ウーファー内蔵サウンドバーを発表

加納恵 (編集部)2019年11月08日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーアンドエムホールディングスは11月8日、デノンブランドからサブウーファーを内蔵したサウンドバー「DHT-S216」を発表した。DTS Virtual:XとBluetoothに対応する。発売は12月上旬。想定税別価格は2万円前後になる。

「DHT-S216」
「DHT-S216」

 25mmのトゥイーター2つ、45mm×90mmの楕円形ミッドレンジ2つ、75mmのサブウーファー2つを搭載した、3ウェイ6スピーカーモデル。サブウーファーは、底面に向けて配置することで、低音の量感が増し、迫力ある再生音を実現。バスレフポートを左右に設け、低域とクリアネスが最適にバランスするように設計したという。

バスレフポートを左右に設けている
バスレフポートを左右に設けている

 「Movie」「Music」「Night」「Pure」と4つのサウンドモードを備え、コンテンツに応じて切り替えが可能。Pureモードは、サウンドモードやバーチャルサラウンド、ダイアログエンハンサーなどの処理をせず、原音をストレートに再生するモードで、デノンの単品コンポやAVアンプなどと同様のコンセプトを採用している。

 4K対応のHDMI入出力端子を1系統備え、ケーブル1本で完了する簡単接続を採用。BluetoothはSBCコーデックに対応し、スマートフォンやタブレットなどから、音楽コンテンツをワイヤレス再生できる。

 サイズは高さ66mm×幅890mm×奥行き120mmで、重量役3.5kg。スリムデザインを採用しているため、テレビの画面にかからず設置できるほか、壁掛け設置にも対応する。

テレビの画面にかぶりにくい、高さ66mmのスリムデザイン
テレビの画面にかぶりにくい、高さ66mmのスリムデザイン

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]