logo

スターフェスティバル、ぐるなびのフードデリバリー事業を継承

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スターフェスティバルは10月30日、ぐるなびとの間で、同社が運営する法人向けフードデリバリー事業の譲受に関する契約を締結したと発表した。

 今後、ぐるなびが運営する法人向けフードデリバリー事業を同社が新たに設立する子会社で承継。同社が展開するフードデリバリー事業と一体的に運用することで、相互送客を通じた販売網の拡大や商品ラインナップの拡充を図る。

 なお、同統合によって、同社の法人向けフードデリバリーサービスの年間取扱高は100億円を超えることを見込んでいる。

 同社は、フードデリバリーの総合モール「ごちクル」および、デリバリー型社員食堂「シャショクル」など、法人向けフードデリバリーサービスを展開。

 働き方改革を背景とした企業での福利厚生に対する意識の高まり、就労者の働き方の多様化を受け、法人向けフードデリバリー市場は急速に拡大している。また、市場の拡大とともに、飲食店・レストランのデリバリービジネス参入に対する意欲も高まっており、同社では現在1000店舗の飲食店と提携し、1万種類のデリバリー商品を展開している。

 一方、ぐるなびも法人向けフードデリバリーサービス「ぐるなびデリバリーPremium」および、「OMOTENASHI」を運営しており、約1500店の加盟飲食店がデリバリー事業に参画している。

 同社では、両事業が築き上げたネットワーク・ノウハウ・営業力を結集し、法人向けフードデリバリー事業のさらなる拡大・成長を推進させる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]