logo

東芝、“見逃さない”レコーダー「レグザブルーレイ」誕生--4Kダブル録画のHDDタイプも

加納恵 (編集部)2019年10月31日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝映像ソリューションは10月31日、Ultra HDブルーレイソフト再生に対応した「レグザブルーレイ DBR-UT」シリーズと、新4K衛星放送チューナー2基を搭載したHDDレコーダー「レグザハードディスクレコーダー」を発表した。発売は11月下旬から順次。

「レグザブルーレイ DBR-UT」シリーズと「レグザハードディスクレコーダー」を発表した
「レグザブルーレイ DBR-UT」シリーズと「レグザハードディスクレコーダー」を発表した

 レグザブルーレイ UTシリーズには「DBR-UT109/UT209/UT309」の3モデルをラインアップ。全機種でUltra HDブルーレイソフト再生に対応したほか、「レグザ4K高画質リンク」を備え、「4Kレグザ」と組み合わせることで、レコーダーとテレビのパフォーマンスを最大限に引き出し、放送録画した映像も市販のUltra HDブルーレイソフトも高画質に再現する。

 専用アプリ「スマホdeレグザ」を使えば、音声での番組検索のほか、音声操作にも対応。手元のスマホから音声操作できるため、キッチンやバスルームでの視聴中も便利に使える。独自の時短視聴機能の好みや、自動録画設定もスマホ上から操作が可能。宅外視聴がつながりにくいとの声も受け、対応する全機種で性能を改善したとしている。4Kアップコンバート出力は24P/60Pに対応。HDMI端子は2系統備える。

  • DBR-UT309(HDD:3TB、想定税別価格:8万5000円前後)
  • DBR-UT209(HDD:2TB、想定税別価格:7万5000円前後)
  • DBR-UT109(HDD:1TB、想定税別価格:6万5000円前後)
レグザブルーレイ UTシリーズには「DBR-UT109/UT209/UT309」
レグザブルーレイ UTシリーズには「DBR-UT109/UT209/UT309」
背面。HDMI端子は2系統備える
背面。HDMI端子は2系統備える

 レグザハードディスクレコーダー「D-4KWH209」は、2TBのHDDのみを備えた新カテゴリー商品。地上、BS、110度CSデジタルチューナーと新4K衛星放送チューナを2系統備え、新4K衛星放送のダブル録画にも対応する。

 テレビ「レグザ」でおなじみの「みるコレ」にも対応し、好きなタレントやジャンルのテレビ番組、ネット動画などから、みたい映像コンテンツを見つけてすぐに楽しむことが可能。ピックアップする映像コンテンツは、dTV、U-NEXT、TSUTAYA TVの関連もカバーするほか、出演シーンやCMも見逃さない。

 「シーンリスト」を使えば、見たいシーンだけの時短視聴にも対応。新4K衛星放送の時短視聴も可能だ。

  • D-4KWH209(HDD:2TB、想定税別価格:7万円前後)
レグザハードディスクレコーダー「D-4KWH209」
レグザハードディスクレコーダー「D-4KWH209」
背面。HDMI端子は1系統
背面。HDMI端子は1系統

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]