logo

ヌーラボ、プロジェクト管理ツール「Backlog」に新機能「カンバンボード」を実装へ

佐藤和也 (編集部)2019年10月30日 07時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヌーラボは10月29日、同社が提供しているプロジェクト管理ツール「Backlog」(バックログ)について、新機能となる「カンバンボード」のベータ版を、2020年1月から順次リリースすると発表した。フリープランを含むすべてのユーザーが利用可能としている。

「カンバンボード」イメージ
「カンバンボード」イメージ

 カンバンボードは、Backlogのプロジェクトに作成された課題を、「未対応」「処理中」など状態で区切られた列の上で、カード状で管理する機能。ユーザーは、ドラッグ&ドロップでカードを移動させ、課題の進捗に合わせて状態を更新することができる。

 他のメンバーが更新した状態は、カンバンボードにリアルタイムに反映。そのため、画面を開きっぱなしにしていても常に最新の課題の状態が確認可能。即座にチームメンバーで共有できる。

 プロジェクト内にある課題はすべてカンバンボードに表示されるほか、スタータープランで利用可能な「状態の追加機能」を用いて独自に追加された状態も、カンバンボードで列として表示。利用することができる。

 なお、ヌーラボとしては、今後職種や働き方、時間、場所、国籍などを超えたコラボレーションが増えていくことを踏まえ、よりチームにフォーカスし、Backlogや「Cacoo」「Typetalk」の機能開発を推進するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]