logo

「iPhone 5」は11月3日までに「iOS 10.3.4」へのアップデートが必要

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年10月29日 10時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今も「iPhone 5」を使っている人は、今週中に「設定」画面を開いて、OSが「iOS 10.3.4」であることを確認してほしい。

iPhone 5
提供:Sarah Tew/CNET

 Appleは米国時間10月26日、サポートページに掲載した記事で、iPhone 5のユーザーに対し、協定世界時11月3日午前0時(日本時間11月3日午前9時)までにiOS 10.3.4にアップデートするよう警告した。この問題はデバイスのGPSシステムに関連するもので、GPSの位置情報を正確に維持することが目的だ。

 Appleは日付や時刻に関連する機能にGPSを利用しているが、「GPS週数ロールオーバーの問題」により、「正しい日時に基づいて機能する製品やサービス」(「App Store」「iCloud」、電子メール、ウェブブラウザーなど)を継続して利用できるようにするためにアップデートが必要だという。

 GPS週数ロールオーバーは1024週(約19.7年)ごとに発生する問題で、GSP機器が週数をカウントする方式にその原因がある。このカウントが4月にリセットされたため、日時に関連する機能にGPSを利用している古いデバイスの一部では、ソフトウェアをアップデートして調整する必要がある。

 第4世代の「iPad Wi-Fi+Cellular」、「iPhone 4s」、および第3世代以前の「iPad」など、2012年以前に発売されたApple製品を利用している人も、iOSがそのデバイスで入手可能な最新のバージョンにアップデートされていることを確認したほうがいい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]