logo

グーグルの親会社Alphabet、ウェアラブル大手のFitbitに買収提案か

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年10月29日 09時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Google親会社のAlphabetがウェアラブル製品大手のFitbitの買収を検討しているとする報道が米国時間10月28日に流れ、Fitbitの株価が急騰した。

Fitbitのスマートウォッチ「Versa 2」
Alphabet(Googleの親会社)がウェアラブル製品メーカーの買収を視野に入れていると報じられている
提供:Sarah Tew/CNET

 AlphabetはFitbitに「買収案を提示した」とReutersは報じているが、買収条件は公表されていない。

 Fitbitは、最新スマートウォッチの「Versa 2」など、人気の高いウェアラブル製品やフィットネストラッカーを提供している。「iPhone」にしか対応しない「Apple Watch」とは異なり、Fitbitの製品は「iOS」とGoogleの「Android」の両方のプラットフォームに対応する。

 Googleは過去に、Appleのスマートウォッチに対抗して「WearOS」という独自のウェアラブルプラットフォームの開発を試みたが、Tag Heuer、Fossil、Michael Kors、Movadoといった多数の著名ブランドと提携したにもかかわらず、消費者には受け入れられず、初期の取り組みは失敗に終わっている。

 IDCのウェアラブル製品に関する最新レポートによると、Fitbitの2019年第2四半期の市場シェアは10.1%で、出荷個数は350万個だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]