logo

Facebook、ニュース専用タブ「Facebook News」のテストを米国で開始

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年10月28日 08時38分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間10月25日、キュレーションされたニュース記事を表示するタブのテストを米国で開始すると発表した。偽情報の拡散防止に取り組むFacebookが、より信頼性の高い報道機関の記事を前面に押し出す上で有用な手段となりそうだ。

Facebook
提供:Angela Lang/CNET

 最高経営責任者(CEO)のMark Zuckerberg氏は、25日にニューヨークで開かれたイベントでこのニュースタブについて説明した。同氏は、「インターネットがニュースのビジネスモデルを破壊しているというのは誰もが知るところだ」と述べた。「すべてのインターネットプラットフォームには、ニュースを支援するパートナーシップに対して資金と情報を提供するよう努める責任があると私は思う」(Zuckerberg氏)

 新サービス「Facebook News」はまず、米国のユーザー約20万人に提供される。ジャーナリストで構成されるチームが主要な記事を選定する。ユーザーの関心に基づくパーソナライズされたニュース記事や、ユーザーが有料購読しているニュースサービスの記事を表示する機能も提供される。ユーザーは、読みたくないパブリッシャーや記事、話題を非表示にすることもできる。

Facebook
提供:Facebook

 Facebookは、ニュース記事を家族や友人からの写真や動画と並べてユーザーの「News Feed」に表示するというこれまでの方法を変更し、ニュース記事を独立したニュースタブで提供する。また、ニュース記事を選定、提供する上で人のキュレーターを採用し、アルゴリズムへの依存度を減らす。アルゴリズムに依存することで、Facebookのシステムが偽情報や改ざんされた動画を見抜くことができないとの批判を招いていた。

 ニュース記事は、News Feedにもこれまで通り表示される。

 Facebookに限らず、TwitterやLinkedInなどのソーシャルネットワークが、新聞や雑誌に代わるニュースを消費する場としての存在感を高めている。Pew Research Centerの2018年の調査によると、米国成人の約5人に1人がソーシャルメディアでニュースを読むことが多いと回答し、その割合は紙の新聞を上回ったという。Facebookは2018年、ニュース記事や企業の投稿よりも家族や友人のコンテンツを優先して表示するようニュースフィードを刷新した。また同社は、偽情報への対策を続けているほか、保守派の言論を抑圧しているとして非難されている問題(Facebookは否定している)にも取り組んでいる。

 Facebookと報道機関は必ずしも良好な関係にはない側面がある。両者は広告収入で競合する立場にあり、報道機関はソーシャルネットワークに過度に依存して、自社記事にトラフィックを誘導することに慎重になっている。Facebookは、Facebook Newsで提携した報道機関については公表していない。事情に詳しい人物によると、The Washington Post、Bloomberg、BuzzFeed News、Business Insider、Hearst Newspapers、McClatchy、Los Angeles Timesなどがパートナーとなっている。Facebookは事実に基づくオリジナルコンテンツを安定して提供する一部のパブリッシャーに掲載料を支払っているという。

 米CNETと、CBS News、CBS Sports、ETなどの複数の姉妹サイトは、有料パートナーとなっている。

 Facebookは、契約条件に関するコメントを控えた。Zuckerberg氏は、通常Facebookの有料契約は、パブリッシャーが制作するコンテンツの量と、購読あるいは閲覧するユーザー数に基づくと述べた。

 Facebookは、このニュースタブの利用者が数年後に米国で2000~3000万人となることに期待しているとZuckerberg氏は述べた。

 また同氏はニュースタブについて、「徐々に信頼できる情報源としていくためには、彼ら(ニュースタブのキュレーターチーム)がこれを客観的に扱う必要がある」とし、「このチームにある程度自由な裁量を与え(中略)Facebookや私自身や、関連するあらゆるコンテンツを含める必要がある」と説明した。

 このニュースタブは、Facebookで動画ハブの「Facebook Watch」や、「Facebook Marketplace」と同様に表示される。「general」(一般)、「topical」(時事)、「diverse」(多様性)、「local」(ローカル)という4つのカテゴリーのパブリッシャーのコンテンツを提供するという。パブリッシャーは、ニュースタブに記事を表示するにあたり、一定の基準を満たした上で、ヘイトスピーチや暴力などの不適切なコンテンツに関するFacebookの規則に従う必要がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]