logo

東京モーターショー 2019の見どころ--電気自動車に注目する人がチェックすべきクルマとは - (page 3)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気自動車に注目する人がチェックすべきクルマとは

 最近、特に身近になってきた電気自動車。日産(西2ホール)の「リーフ」が圧倒的に多いが、そのほかの車種も今後続々登場する。とかく航続距離が話題になるが、自宅でエネルギーの補充ができるという便利さがあり、使い方の意識を変えるだけで今でも十分実用的。特性を理解した人から移行しはじめている時期とも言える。

ホンダの「Honda e」
ホンダの「Honda e」

 注目車種はホンダの「Honda e」で2020年発売予定。コンパクトなボディのため、近所を走り回るクルマに適している。

 マツダのブース(南展示棟1階)では、マツダ初の量産EVとなる「MX-30」はクーペスタイルのSUV。欧州で受注開始したが国内でも今後投入予定。欧州で受注開始したが国内導入待ちのクルマではスマート「EQ フォーツー」がご近所の移動用として注目の一台。

マツダのEV「MX-30」はクーペスタイル
マツダのEV「MX-30」はクーペスタイル
ドアは観音開き
ドアは観音開き

 電気自動車で先行する日産からは、まだコンセプトカーの段階だが軽自動車のEV「IMk」コンセプトモデルを展示した。実際に発売されるかわからないショーモデルだが、近所の移動用としてある程度荷物も積めるハイトワゴンの軽自動車は注目に値する。

日産からは軽自動車のEV「IMk」コンセプトモデルが登場
日産からは軽自動車のEV「IMk」コンセプトモデルが登場
日産では「リーフ」を停電時の蓄電地として使ったり高速な充電をしたりできるV2Hユニットと合わせて展示
日産では「リーフ」を停電時の蓄電地として使ったり高速な充電をしたりできるV2Hユニットと合わせて展示

 電気自動車ではないが、未来の電動車として水素電池で駆動するトヨタ「ミライ」の新型のコンセプトモデル「MIRAI Concept」が展示された。展示場所はトヨタのMEGA WEBの2階で、まだコンセプトモデルだが、外見の完成度は高い。未来のクルマもモデルチェンジする時期にさしかかってるところから、普及の時期もそう遠くないことを感じさせる。

トヨタは「ミライ」の新型となる「MIRAI Concept」を展示
トヨタは「ミライ」の新型となる「MIRAI Concept」を展示

輸入車はルノーやメルセデスが出展、スーパーカーはまとめて出展

 前述のようにメルセデス・ベンツは出展しているため、メルセデス・ベンツ車のラインアップは見られる。注目は電気自動車のEQシリーズで、すでに発売となった「EQC」も展示している。

 ルノー(西2ホール)は新型となった「ルーテシア」を発表。アライアンスを組む日産で言えば「マーチ」クラスのクルマとなるが、上級スポーツグレードを中心に国内導入しているため、注目の一台。マイナーチェンジした「トゥインゴ」は後輪駆動で買いやすいコンパクトカーとして国内でも人気だ。

メルセデス・ベンツは現行車種やコンセプトカーなどをまんべんなく展示
メルセデス・ベンツは現行車種やコンセプトカーなどをまんべんなく展示
メルセデス・ベンツの電気自動車「EQC」はすでに受注を受け付けている
メルセデス・ベンツの電気自動車「EQC」はすでに受注を受け付けている
ルノー「ルーテシア」はルノーのコンパクトカー
ルノー「ルーテシア」はルノーのコンパクトカー

 そして、日本スーパーカー協会のブースは南展示場4階にある。フェラーリやランボルギーニも展示してあり、スーパーカーに興味があるなら必ず訪れたい。

日本スーパーカー協会のブースにはベントレー車の展示がある。こちらはフラッグシップセダンの「ミュルザンヌ」
日本スーパーカー協会のブースにはベントレー車の展示がある。こちらはフラッグシップセダンの「ミュルザンヌ」

 また、部品メーカーや用品メーカーもブースを出展している。西展示棟4階のデンソーテン、フォルシアクラリオン、アルプスアルパインなど、カーナビメーカーは合併や買収などで社名が変わっているので見逃してしまいそう。ドライブレコーダーなど用品メーカーのカーメイト(西展示棟4階)は11月から新ロゴで出展しているため、こちらも見逃しに注意したい。

 そのほかに関連団体も出展している。「ご当地ナンバー」の追加が発表されたばかりだが、全国自動車標板協議会(西展示棟4階)では新たなナンバーも含めて図柄入りのデザインを一同に集めており、実物サンプルで図柄ナンバーを確認できる。

テスラは「モデルX」と後方に「モデルS」を展示。ちなみに「モデル3」はNTTドコモのブースに展示してある
テスラは「モデルX」と後方に「モデルS」を展示。ちなみに「モデル3」はNTTドコモのブースに展示してある
アストンマーチンは「DBS スーパーレッジェーラ」などを展示
アストンマーチンは「DBS スーパーレッジェーラ」などを展示
そのほか、スーパーカーが並んでいる
そのほか、スーパーカーが並んでいる
クラリオンはフォルシア クラリオンになった
クラリオンはフォルシア クラリオンになった
イクリプスはブランドはそのままだが会社名がデンソーテンになった
イクリプスはブランドはそのままだが会社名がデンソーテンになった
アルパインはアルプスアルパインに展示
アルパインはアルプスアルパインに展示
カー用品メーカーも見逃せない。カーメイトはチャイルドシートやベビーカーも手掛けているが、こちらはカメラで認識した人間を自動で追尾するベビーカーを参考出品
カー用品メーカーも見逃せない。カーメイトはチャイルドシートやベビーカーも手掛けているが、こちらはカメラで認識した人間を自動で追尾するベビーカーを参考出品
賛否両論あるご当地ナンバーだが、図柄入りのデザインを一同に集めた
賛否両論あるご当地ナンバーだが、図柄入りのデザインを一同に集めた

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]