logo

ISISが「TikTok」にプロパガンダ動画を投稿、削除される

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年10月23日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 過激派組織ISISが、10代の若者の間で人気のソーシャル動画アプリ「TikTok」に目を向け、短いプロパガンダ動画を投稿していると報じられた。The Wall Street Journal(WSJ)の米国時間10月21日の記事によると、そうした動画の中には、複数の遺体が路上を引き回される様子や、銃を持ったISISの兵士、「ジハーディスト(聖戦主義者)であり、それを誇りに思っている」と宣言する女性らの姿が映っているものもあったという(現在は削除されている)。また、一部のコンテンツではTikTokのフィルターを使い、短い動画上でハート形や星形などのオーバーレイ効果を施していたとされる。

TikTokのロゴ
提供:Joel Saget / AFP/Getty Images

 WSJによると、ISISの動画は20件余りのアカウントから投稿されていたことを、ソーシャルメディア分析を手がけるStoryfulが確認したという。TikTokの提供元である字節跳動(バイトダンス)はISISの動画を削除し、投稿元とみられるアカウントを停止したと記事では伝えている。

 ISISなどの過激派組織は以前からソーシャルメディアを利用し、新たなメンバーを勧誘したりメッセージを拡散させたりしている。Googleは、2019年1〜3月の間にYouTube上でテロリストによるものと疑われる動画を100万件以上精査したと述べた。Facebook、Twitter、Google傘下のYouTube、Microsoftなど一部の大手テクノロジー企業は、テロリズムを宣伝する画像や映像のデータベースを共有し、オンラインでの拡散防止を目指すことで合意している。

 バイトダンスは、TikTok上にテロ組織を宣伝するコンテンツの「居場所はまったくない」と述べた。

 「そのようなアカウントやそれに関連するデバイスを見つけ次第、恒久的に利用停止にしている。疑わしい行動を積極的に検知するため、さらに強力な管理手法を引き続き開発していく」と同社は電子メールの声明で述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]