logo

iOS版「Googleマップ」でも事故や取り締まりの報告が可能に

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年10月21日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Waze」アプリで人気の機能を「iOS」版「Googleマップ」にも実装する。また、「Android」版とiOS版の両方で、レーン閉鎖や路上の落下物など新たな種類のトラブルを報告できるようにする。

Googleマップ
提供:Google

 Googleはこれまで、交通情報の報告や画面上での速度制限表示のほか、スピード違反の取り締まりが行われている場所の報告など、Wazeの各種機能を「Android」版Googleマップに追加してきた。

 今後、iOS版Googleマップでも事故やスピード違反の取り締まり、渋滞を報告できるようになり、iOS版とAndroid版の機能が同等になった。

 GoogleマップはAppleのインフォテイメントシステム「CarPlay」に対応しているため、iPhone所有者はこれらのWazeの一部機能をCarPlayでも使える可能性がある。

 Googleはまた、AndroidとiOS向けに4種類の新たなトラブルを報告する機能を実装した。具体的には、道路工事、レーン閉鎖、故障車両、路上の落下物などの障害物を報告できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]