logo

カリフォルニア州、新しいプライバシー法に基づく規制案を公開

Marguerite Reardon (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年10月15日 12時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州司法長官は米国時間10月10日、プライバシーに関する規制案を公開し、同州が厳格な新しいプライバシー法をどのように適用していく予定であるのかを明らかにした。「カリフォルニア州消費者プライバシー法」(California Consumer Privacy Act:CCPA)と呼ばれるこの法律は、企業による個人データの収集と管理に対する消費者のコントロールを強化するもので、2020年1月1日に施行される。

カリフォルニア州のXavier Becerra司法長官
カリフォルニア州のXavier Becerra司法長官
提供:Getty Images

 CCPAは、米国で最も厳格なデータプライバシー保護を確立すると見なされている法律だ。消費者は、個人データの削除を要求できるようになり、個人情報の第三者への販売を拒否する機会も与えられる。今回提案された規制案は、「(個人データの)販売を拒否」するためのリンクを消費者に提供するなど、企業に順守を義務付ける具体的な要件を示したものだ。また、消費者がプライバシー設定で選択した内容を有効なオプトアウト申請として取り扱うことも義務付けている。400万人を超える消費者の個人情報を取り扱う企業には、追加の要件も課される。

 カリフォルニア州の法律は、連邦法で定められていない保護を同州に住む人たちに提供するとともに、米国全体で消費者保護をさらに強化することを目指している。

 カリフォルニア州の住民は、CCPAに基づくこの規制案に関する意見を司法長官宛に提出できる。締切は12月6日だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]