logo

アップル、香港の警察を追跡するアプリを削除--「安全を脅かす」

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年10月11日 07時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、香港で警察やデモ隊の位置をクラウドソーシングで把握する地図アプリ「HKmap.live」を、「App Store」から削除した。App Storeのガイドラインや現地の法律に違反したことを理由として挙げている。同社は、中国国営紙による厳しい非難を受け、同アプリを許可することによって違法行為を助長しているとして批判されていた。

香港デモの様子
香港で3月頃から続くデモの様子
提供:Vernon Yuen/NurPhoto via Getty Images

 HKmap.liveは、警察の位置や催涙ガスの使用など、デモに関する情報をユーザーが報告し、定期的に更新される地図に追加できるアプリ。Appleは、香港のデモ隊によって、警察に対する不意打ちや公共の安全を脅かす行為に利用されていたことを把握したため削除したと述べた。

 「状況を危惧する香港の多数の顧客からこのアプリに関する問い合わせがあり、直ちに調査を開始した」と、Appleは10月10日の声明で述べた。「アプリには、警察の位置が表示され、われわれは香港サイバーセキュリティー・テクノロジー犯罪局(CSTCB)とともに、このアプリが警察を標的とした不意打ちや、公共の安全を脅かす行為に使われていることを確認した。犯罪者が、警察がいないとわかっている地域で住民に被害を与えたケースもあった」(Apple)

 Appleは以前却下したこのアプリを、先週承認したばかりだと報じられていた。Reutersによると、中国共産党中央委員会の機関紙である人民日報は8日、このアプリを「有害」だとし、AppleはApp Storeで同アプリの配布を許可することにより、香港のデモ隊を支援していると批判したという。

 アプリの開発者は10日、Appleの決断を非難し、これは「犯罪行為を勧誘、促進、奨励」するものではないとTwitterで述べた。また、「HKmapアプリが警察を標的とした不意打ちや、公共の安全を脅かす行為に使われていたとするCSTCBの非難を裏付ける証拠はまったくない」とも主張した。

 HKmap.liveの「Android」版は「Google Play」ストアでまだ提供されており、ウェブ版も存在する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]