logo

「YouTube TV」、アマゾンの「Fire」デバイスで提供開始

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2019年10月01日 11時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleのライブTVストリーミングサービス「YouTube TV」が、ようやくAmazonの「Fire TV」デバイスで利用可能になった。両社の長年にわたる対立に事実上の終止符が打たれた格好だ。

YouTube TV
提供:Sarah Tew/CNET

 YouTube TVを利用できるFire TVデバイスは、「Fire TV Stick」(第2世代)、「Fire TV Stick 4K」、「Fire TV Cube」、東芝およびInsignia製の「Fire TV Edition」スマートTVなどだ。

 Fire TVへのYouTube TV追加に先立ち、7月にはGoogleの「YouTube」アプリがFire TVに対応することが発表されている(それまではブラウザーを介して視聴するしかなかった)。またそれと同時に、Amazonの「Prime Video」アプリがGoogleの「Chromecast」向けに提供されることが決まった。

 AmazonとGoogleはかつて互いの製品を自社サービスから締め出していたが、2017年末に方針を転換している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]