logo

エンハンス、デザイナー中村勇吾氏が手掛けるPS4新作「HUMANITY」--PS VRに対応

佐藤和也 (編集部)2019年09月25日 20時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「HUMANITY」ロゴ
Scroll Right Scroll Left

「HUMANITY」ロゴ

 エンハンスは9月25日、インタラクティブデザインスタジオのtha ltd.が開発する「HUMANITY」を、PS4用ソフトとして2020年に発売すると発表。PS VRにも対応する。

 本作は、tha ltd.の代表で、インターフェースデザイナーなどで知られる中村勇吾氏が手掛ける初の本格ゲーム作品。クリエーターの水口哲也氏が代表を務め、「Rez Infinite」や「Tetris Effect」などを手掛けたエンハンスがプロデュースならびにパブリッシングを行う。

 発表にあわせてアナウンストレーラーを公開。群衆と言えるような大勢の人たちが歩いたり戦ったりしている光景が映し出されており、「人間である我々自身が、人間という集団をダイナミックな観点から操作し、楽しみながら、何かを感じ、何かを発見していくゲーム」とうたっている。また水口氏は「あるイベントで見かけた本作のデモ映像の印象が強く心に残り、時間が経ってもその印象がどんどん大きくなり、後日、中村勇吾さんに直接コンタクトし、自分からプロデュースを願い出た」とコメントしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]