logo

Facebookの仮想通貨「Libra」の担当者、26の中央銀行と会合

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年09月17日 10時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの仮想通貨「Libra」の前に、またもや新たな難敵が立ちはだかることになった。今回、この仮想通貨の計画について質問しようと待ち構えているのは世界各国の銀行だ。Financial Times(FT)の報道によると、Libraの担当者らは9月16日に、世界の中央銀行26行の当局者と会合を開くことになったという。この会合は、Libraの「利用範囲と設計」をテーマにスイスのバーゼルで開かれる。

FacebookとLibraのロゴ
提供:Thomas Trutschel/Getty Images

 Libraについては、6月の発表以来、世界各国の政府高官や規制当局が懸念を示している。米国では、上下両院の委員会が7月に公聴会を開催した。

 Facebookなどが共同で設立し、Libraを監督する役割を担うLibra Associationは、この仮想通貨の狙いについて「多くの人々に力を与える」ことだと述べている。銀行口座を持たない人も、このデジタル通貨を利用すればさまざまな取引ができる。

 Libraが懸念されている理由の1つは、Facebookが、プライバシーがらみの問題への対応で成功と失敗を繰り返してきたことにある。また、相場の変動、マネーロンダリング、消費者保護などの点でも、Libraは不安視されている。規制当局は、Facebookが世界中に膨大な数のユーザーを抱えていることから、Libraが発行されれば利用者は急増する可能性があると想定している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]