logo

「Firefox」、プライバシー高めるVPNサービスをベータ提供

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2019年09月11日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaはこのほど、ブラウザー「Firefox」向けVPNサービスのテストを再開した。公衆Wi-Fiを使ってウェブを閲覧する際のプライバシー保護に役立つ。Mozillaのささやかな財務的自立にもつながるかもしれない。

Firefox Private Network
提供:Mozilla

 「Firefox Private Network」は米国時間9月10日、米国内ユーザーのPC向けにベータ版の提供が始まった。VPNは、ユーザーが公衆Wi-Fiを使う際、訪問するウェブアドレスや私的なファイナンス情報といった個人情報を保護することができる。VPNはさらに、ウェブで広く使われているサードパーティーのトラッカー(追跡技術)から個人のIPアドレスを隠すこともできると、Mozillaは述べている。

 Firefox Private Networkは今のところ無料だが、Mozillaによると、今回のテストの一環で、有料オプションの可能性も探っていくという。Mozillaが2018年10月に開始したテストでは、VPNサービスを月額10ドル(約1100円)で提供していた。

 今回の動きはMozillaが最近力を入れているプライバシー向上の一環だが、同社に金銭的な余裕をもたらす可能性もある。Mozillaは検索広告の契約から収入を得ているが、そうした契約先の中でも特に大きいのがGoogleだ。Googleは検索結果の隣に広告を表示し、Mozillaを含むブラウザー開発各社はそうした広告収入の一部を得ることが多い。お金を払ってでもプライバシーを向上させたい人のためにVPNを構築して提供することは、Mozillaに別の収入源をもたらす可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]