logo

ソニー、躍動感ある重低音を再生する「EXTRA BASS」新モデル--ノイキャンモデルも

加納恵 (編集部)2019年09月10日 13時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月10日、重低音モデルの「EXTRA BASS(エクストラベース)」シリーズにBluetoothヘッドホン「WH-XB900N/XB700」(想定税別価格:2万7000円前後/1万7000円前後)を追加した。専用アプリによる重低音調整ができるほか、独自の「DSEE」で圧縮音源もクリアに再生する。発売は10月5日。

重低音モデルの「EXTRA BASS」シリーズにBluetoothヘッドホン「WH-XB900N/XB700」を追加した
重低音モデルの「EXTRA BASS」シリーズにBluetoothヘッドホン「WH-XB900N/XB700」を追加した

 重低音再生モデルとして人気のエクストラベースシリーズだが、音楽トレンドの変化に合わせ、躍動感をプラス。迫力のあるビートとクリアな中高域のメロディを再生できる音に仕上げているという。

 XB900Nには、ノイズキャンセリング機能を備え、周囲の騒音を低減。20段階の外音取り込み調整や瞬時に周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」も可能だ。ハウジング部は、再生や一時停止、曲送りなどのタッチ操作に対応する。

 両機種ともに、ヘッドバンドの厚みを減らし、より頭部にフィットする形状へと変更。XB900Nは、現行機の295gに比べ、254gへと軽量化を実現している。

 最長30時間の連続再生ができるほか、有線接続も可能。ボイスアシスタンtのにも対応する。オーディオコーデックはAAC、SBCに加え、XB900NがLDAC、aptX HD、aptX、XB700がaptXをサポート。XB900Nが40mm、XB700が30mmのダイナミックドライバユニットを採用する。

「WH-XB900N」
「WH-XB900N」
「WH-XB700」
「WH-XB700」

 あわせて、ネックバンドタイプの「WI-XB400」(同:8000円前後)と小型・軽量モデルの「WH-CH510」(同:5000円前後)も発表した。XB400は、柔らかいネックバンドに、バッテリーボックスとコントロールボックスを配置し、安定した装着性を実現。ハウジングに内蔵したマグネットで左右をまとめられるほか、持ち運びする際も絡まりにくいフラットケーブルを採用する。

 CH510は、最大35時間の連続再生に加え、10分間の充電で90分再生を可能にするクイック充電に対応。約132gと軽量で、スイーベル機構でハウジング部分をフラットにして持ち運べる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]