logo

JR東日本、モバイルSuicaで乗車すると2%ポイント付与--定期券も対象、10月1日より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は9月3日、JR東日本グループのポイントサービス「JRE POINT」において、10月1日以降、Suicaを登録すると乗車の度にポイントが付与されるようになると発表した。

キャプション

 JRE POINTは、エキナカや駅ビル、クレジットカードの利用によってポイントがたまるサービス。これまで、Suicaの利用はポイント付与の対象外だったが、JRE POINTにSuicaを登録(無記名Suicaや記念Suicaは不可)することで、在来線の乗車やSuicaグリーン券の購入、モバイルSuicaでの定期券購入に対して、購入額に応じたポイントが付与されるようになる。

 モバイルSuicaの還元額は2%、カードタイプのSuicaは0.5%(最低1ポイント付与を保証)となる。1ポイントは1円相当で利用可能。例えば、東京駅〜津田沼駅の運賃473円に対して、モバイルSuicaの場合は9ポイント(473円の2%)、カードタイプのSuicaは2ポイント(473円の0.5%)が付与される。ポイントの付与は、乗車日の翌月下旬以降となる。なお、他社線への乗り入れが発生した場合は、JR東日本乗車分のみが対象となる。

キャプション

 モバイルSuica定期券の場合は、10月1日以降使用開始となる定期が対象。登録済SuicaでモバイルSuica定期券を購入すると金額に応じてポイントがたまる。定期券の場合は、他社線への乗り入れがあった場合でもJR東日本の運賃が含まれていればポイント還元の対象となる。なお、定期券を払い戻しした際はポイントを返還する必要がある。

 2020年春以降は「タッチでGo!新幹線」の利用でポイント(モバイルSuicaの還元額は2%、カードタイプのSuicaは0.5%)が付与されるほか、同年12月以降はSuicaを回数券のように繰り返して利用することで乗車1回分等のポイント還元が受けられるようになる。2021年春以降には、「えきねっとポイント」と「JRE POINT」を統合。えきねっとで購入した切符の額に応じたポイントが付与されるほか、たまったポイントで新幹線や在来線特急に乗車することも可能になるとしている。

エキナカでのキャッシュレス決済でポイント還元率アップ

 なお、同社ではさらに、経済産業省が採択する「キャッシュレス・消費者還元事業」の開始にあわせ、駅ビル・エキナカでのキャッシュレス支払い時のJRE POINTの還元率をアップすることもあわせて発表した。還元率アップの対象期間は、2019年10月1日から2020年6月30日。

キャプション

 JRE CARD優待店の駅ビルにおける、JRE CARDのクレジットでの支払いにより、通常は3.5%のポイント還元を5.5%へと引き上げる。また、JR東日本のエキナカのJRE POINT(Suica)加盟店における、JRE POINTに登録したSuicaでの支払い時、通常は0.5〜1%のポイント還元を2%へとアップする

 JRE MALLにおける、ビューカード(JRE CARD含む)のクレジットでの支払いについては、通常は3.5%のところ5.5%へとアップする。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]