logo

ライナフ、東急不動産から資金調達を実施--不動産業務のIT化推進

加納恵 (編集部)2019年08月30日 13時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライナフは8月30日、東急不動産ホールディングスから資金調達を実施したと発表した。業務提携契約を締結し、東急住宅リースを含めて密な連携をとり、不動産業務のIT化を図る。

 今回の資金調達は、東急不動産が運営する「TFHD Open Innovation Program」を通じて実施されたもの。2017年に設立したプログラムで、動的なベンチャー企業との業務提携や出資等を活かし、新たな価値の創出を目的としている。ライナフでは今回の出資を受け、累積資金調達額は10億円を超えた。

スマートロックなど不動産管理サービスを開発するライナフ
スマートロックなど不動産管理サービスを開発するライナフ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]