logo

相鉄バス、通常運行で自動運転の実証実験--大型路線バスは日本初

西中悠基 (編集部)2019年08月27日 15時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 相鉄バスと群馬大学は8月27日、大型路線バス車両による営業運行での自動運転実証実験を、日本で初めて実施すると発表した。

実証実験に使用する大型路線バス車両
実証実験に使用する大型路線バス車両

 実証実験は、横浜市で開催される「里山ガーデンフェスタ 2019 秋」にあわせて実施。よこはま動物園「ズーラシア」と里山ガーデンの間約900メートルを、大型路線バス車両を用いて自動で運転する。今回の実証実験の自動運転レベルは「レベル2」で、専門教育を受けた相鉄バスのドライバーが対応主体となって運転する。

実証実験の実施エリア
実証実験の実施エリア

 実証実験の実施期間は9月14日~10月14日で、期間中の金曜日~月曜日に、1日16往復運転する。定員は各便先着25人で、運賃は無料だ。

 相鉄バスによると、大型バス車両による営業運行での自動運転実証実験だけでなく、バス事業者が保有する大型バス車両を用いた実証実験としても日本初だという。

 相鉄バスと群馬大学は、営業路線を中心に大型バスの自動運転による実証実験を継続的に実施し、限定領域内で全運転をシステムが担う「レベル4」の自動運転実現を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]