logo

「Chromium」ベースの新「Microsoft Edge」ベータ版リリース

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年08月21日 12時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間8月20日、刷新された「Microsoft Edge」ブラウザーの最初のベータ版をリリースしたと発表した。また、数カ月後のメインストリームを対象としたリリースに向け、バグの除去に手を貸してくれる人を募集している。この新たなEdgeは、Googleのオープンソースのブラウザー開発プロジェクト「Chromium」をベースに構築されている。この新しいEdgeのベータ版は、「Windows 7」や「Windows 10」、「macOS」で利用できる。

Microsoft Edge
提供:Stephen Shankland/CNET

 これまでは、比較的粗削りなビルドである「Canary」版と「Dev」(開発者向け)版がリリースされていた。これらは、最新の変更が頻繁に反映されるものの、テストが不十分なビルドとなっている。

 Windowsなどを担当するコーポレートバイスプレジデントのJoe Belfiore氏は「より大規模なオーディエンスを迎え入れる準備が整った」と述べ、「ブラウザーの出来栄えに関するデータが欲しいと考えている。より幅広いオーディエンスを迎え入れることで、品質の向上につながる」と続けた。

 新しいEdgeのベータ版は「Microsoft Edge Insider」のサイトでダウンロードできる。

 これまでに、100万を超えるプレビュービルドのダウンロードがあったとBelfiore氏は述べている。

 またBelfiore氏は、「新しいMicrosoft Edgeブラウザーに対する当社のアプローチは、ユーザーのデータはユーザーのものであり、ユーザーにはデータがどのように利用されているかを把握する権利があるとの考えを示している」と説明した。

 またMicrosoftは、企業に新たなEdgeを試用してもらうための取り組みにも力を入れている。

 Edgeの新たな「Collection」(コレクション)機能を用いることで、ユーザーはブラウザーの多くのタブをまたがって存在するテキストやリンクなどの情報を一元管理できるようになる。Collectionsは5月に発表された。Betaチャネルには数カ月中に提供され、現在Canaryチャネルでテスト向けに利用できるようになっている。

提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]