logo

Facebook、外部と共有するデータの制御が可能に

Katie Conner (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年08月21日 11時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、アプリやウェブサイトが同プラットフォームと共有するデータをユーザーが確認したり制御したりできるようにする新機能をリリースした。これは「Off-Facebook Activity」(Facebook外のアクティビティ)という名称で、ユーザーはこの機能を利用して、サードパーティーのアプリがアクセスできる情報の種類やその利用目的を追跡することが可能になる。

Facebookのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 たとえば、あるユーザーが「Galaxy Note10」の購入を検討している場合、Facebookはユーザーが検索した対象を把握し、同スマートフォンのターゲティング広告を表示することができる。新しいプライバシー保護機能により、ユーザーはFacebookに対し、ユーザーのアカウントから取得した情報を外部と共有しないよう指示できるようになり、そうしたターゲティング広告は表示されなくなる。

 同機能のリリースに先立ち、Facebookは米連邦取引委員会(FTC)から50億ドル(約5400億円)の制裁金を科されたほか、ユーザーのプライバシー保護を強化することを義務付けられた。

Off-Facebook Activityの設定画面
提供:Facebook

 Facebookは3月、広告ライブラリー「Why am I seeing this ad?」(この広告が表示されている理由)をアップデートして、新機能「Why am I seeing this post?」(この投稿が表示される理由)を追加すると発表していた。この機能は、ニュースフィードに表示される友達、Facebookページ、Facebookグループからの投稿記事をユーザーが制御するのに役立つ。同社はOff-Facebook Activityについて、さらなる透明性と制御をユーザーにもたらすものだとしている。

 現在のところ、Off-Facebook Activityはアイルランド、韓国、スペインでのみ利用できるが、今後数カ月の間に他の国でもリリースされる予定だ。

Off-Facebook Activityの設定画面
提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]