logo

アップル、Apple Wallet学生証の発行大学を追加--iPhone、Apple Watchで入室や支払い

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、「iPhone」「Apple Watch」の「Apple Wallet」で管理可能な学生証の発行大学を、2019年9月の新学期から12校増やすと発表した。これにより、合計10万人以上の大学生がiPhoneやApple Watchを非接触タイプの学生証として使えることになる。

Apple Wallet学生証の発行大学を追加(出典:Apple)
Apple Wallet学生証の発行大学を追加(出典:Apple)

 対応大学の学生は、Apple Walletに学生証を登録しておくことで、従来のカード型学生証を持ち歩くことなく、iPhoneやApple Watchだけでキャンパス内外のさまざまなサービスが受けられる。たとえば、寮の自室に入る際、ドアの脇に設けられたNFCリーダーへiPhoneなどをかざせば入室できる。学内の食堂などでの支払いにも利用可能。

iPhoneやApple Watchが非接触タイプの学生証に(出典:Apple)
iPhoneやApple Watchが非接触タイプの学生証に(出典:Apple)

 以前から導入されていた7大学では、これまでに400万回の入室認証、125万食の食品購入にApple Wallet学生証が使われたという。

 新たにApple Wallet学生証へ対応する大学は以下のとおり。

  • クレムソン大学
  • ジョージタウン大学
  • テネシー大学
  • ケンタッキー大学
  • サンフランシスコ大学
  • バーモント大学
  • アーカンソー州立大学
  • サウスダコタ州立大学
  • ノーフォーク州立大学
  • ルイスバーグカレッジ
  • ノースアラバマ大学
  • チョウワン大学
新たに12大学で利用可能に(出典:Apple)
新たに12大学で利用可能に(出典:Apple)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]