logo

Snap、カメラ内蔵サングラス「Spectacles 3」を発表--3D撮影が可能に

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年08月14日 13時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Snapは米国時間8月13日、カメラ内蔵サングラスの第3世代モデル「Spectacles 3」を発表し、奥行きと広がりを「人間の目のように」とらえるというスマートな新フレームをアピールした。2019年秋に出荷予定で、先代モデルと比べて仕様が大きく変わり、さらに洗練されて一段とコンパクトになっているようだ。

Spectacles 3p
Spectacles 3
提供:Snap

 ソーシャルネットワークアプリ「Snapchat」に特化してコンテンツを撮影するよう設計されたこのハイテクメガネは、2016年に初登場し、Snapchatユーザーの間でたちまち人気を博した。しかしその後、当初の熱気が冷めて購入者が減少していたことが明らかになり、多くが売れ残った。最新モデルはHDカメラ2基を内蔵し、スナップを3Dで撮影できるほか、アプリ内でスナップに3Dエフェクトを付けて加工できる。

 デザインに関して、新しいSpectaclesはこれまでのSnapのデザインほど不格好ではなく、小さめの丸いレンズ、調節可能なアセテートのテンプル(つる)先端、角張った軽量なスチール製フレームを備えている。色はカーボン(実質的に黒)とミネラルの2色が用意されている。ミネラルは、Snapの複数の写真を見る限り、ピーチがかったゴールドを意味するようだ。

「カーボン」色のモデル
「カーボン」色のモデル
提供:Snap

 Spectaclesの初代モデルは約130ドル(約1万4000円)で販売されたが、今回の第3世代はそれよりはるかに高く、380ドル(約4万円)となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]