logo

PC-8001のミニチュア版「PasocomMini PC-8001」でなつかしのN-BASICを使ってみた

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NEC初の本格的PCである「PC-8001」の登場から40周年を迎え、NECパーソナルコンピュータが記念モデルとPC-8001のミニチュア版「PasocomMini PC-8001」を作った。どちらかというと「平安京エイリアン」をはじめ内蔵ゲームのことが取り上げられているが、初期のころからPCをいじっていた層からすればN-BASICが動くほうがトピックだ。

ミニチュア版の「PasocomMini PC-8001」
ミニチュア版の「PasocomMini PC-8001」

細部まで再現されたミニチュア版

 ミニチュア版のPasocomMini PC-8001は、ハル研究所が開発、筐体部分はプラモデルメーカーの青島文化教材社が製造する。再現度も高く、大きさを比較できるものがない写真だと実物と区別がつかないかもしれない。

 少しだけ残念なのは「NEC」とロゴのある部分が黒で埋められているところ。なかなか難しいと思うが、40周年記念のPC「LAVIE Pro Mobile PM750/NAA」に旧NECロゴが配置できたのだから、ミニチュア版もなんとかしてほしかったところだ。

 本体内にはRaspberry Pi Zero WHが埋め込まれていて、背面に電源やキーボード、モニターを接続するようになっている。キーボードをはじめ電源ランプ、電源スイッチ、リセットボタンはいずれもダミーとなっている。







背面まで再現。Raspberry Pi Zero WHを収めるために穴があいている
背面まで再現。Raspberry Pi Zero WHを収めるために穴があいている
ダミーだが、背面の電源スイッチとリセットボタンが精巧に再現されている
ダミーだが、背面の電源スイッチとリセットボタンが精巧に再現されている
NECのロゴがないのが惜しいが、それ以外は完璧だ
NECのロゴがないのが惜しいが、それ以外は完璧だ
ケースを開いたところ
ケースを開いたところ
ケース上側の裏側
ケース上側の裏側
箱にもこだわりがあり、当時を再現した
箱にもこだわりがあり、当時を再現した
上面に線があるが、開き方は違う
上面に線があるが、開き方は違う
裏側にはハル研究所の印があり、JANコードもあるので単体販売の可能性も?
裏側にはハル研究所の印があり、JANコードもあるので単体販売の可能性も?
ミニチュア版が登場
ミニチュア版が登場
同梱物
同梱物

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]