logo

三井不動産ら、柏の葉エリア広域にIoTセンサーを設置--気温、湿度を観測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井不動産は8月6日、三井共同建設コンサルタント、センスウェイ、柏の葉アーバンデザインセンターとともに、柏の葉エリア広域にIoTセンサーを設置し、気温・湿度データを蓄積・分析することで、熱中症対策や見守りなどの住民サービスの創出につなげると発表した。設置は8月7日までに完了する予定。

柏の葉エリアにIoTセンサーを設置する取り組みの流れ
柏の葉エリアにIoTセンサーを設置する取り組みの流れ

 これは、地域でIoTの普及、および活用を目指す「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」の環境ワーキンググループのプロジェクトとして取り組むもの。柏の葉エリアの約4平方キロメートルの範囲に、気温・湿度を観測するIoTセンサーを、約500メートル間隔に24カ所設置するほか、学校、病院、商業施設などの重点施設に4カ所、合計28カ所に設置し、気温・湿度の計測把握を行う。

 計測したデータをもとに、街の緑化箇所の増設や、噴水、水景施設の活用など、効率的なヒートアイランド対策を、街づくりの観点から検討。各拠点の温度・湿度データは、子どもの屋外活動や登下校時に、水分補給のアナウンス等、リアルタイムの通知を行うなど、データ活用方法も検討する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]