logo

アップルのクックCEO「非難をやめて団結しよう」--銃乱射事件を受け

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年08月05日 12時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は米国時間8月4日、米国における銃による暴力に対して何も手を打たない「愚かしさ」について、「打ちひしがれている」と述べた。米国では、24時間の内に2つの都市で2件の銃乱射事件が起こり、29人が死亡した。

提供:Josh Miller/CNET
提供:Josh Miller/CNET

 「私は自分の国で起きていることについて打ちひしがれている。愚かさの定義は、同じことをしていながら、異なる結果を期待することだ。さまざまな考えを持つ善良な人々は、今こそ誰かを非難することをやめ、自国のために団結してこの暴力に対処するべきだ」と、Cook氏はツイートした

 3日にテキサス州エルパソにあるWalmartの店舗で起きた銃撃事件により20人が死亡、26人が負傷した。同日遅くにオハイオ州デイトンで起きた銃撃事件では、9人が死亡、27人が負傷した。

 Cook氏が米国に悪影響をもたらすと考えている政府の行動に批判の声を上げるのは今回が初めてではない。2017年、同氏はイスラム教徒が多い国からの移民の入国を一時的に禁止する大統領令に署名したDonald Trump大統領に対する懸念を示し、この大統領令は「われわれが支持する政策ではない」と従業員宛ての電子メールで述べた。

 その1年前の2016年、Cook氏を含めた90人以上の企業幹部は、出生証明書の性別に合ったトイレの使用を義務づけるノースカロライナ州の法律を非難した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]