logo

ライナフとYperが連携--宅配の伝票番号でオーロックエントランスを解錠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライナフは8月2日、置き配バッグ「OKIPPA」を提供するYperとの連携を発表した。同日より、宅配伝票番号だけでオートロックマンションのエントランスドアを解錠し、自宅前まで配達を可能にする取り組みを開始する。

実証実験概要
実証実験概要

 この取り組みは、Yperがデジタルガレージのスタートアッププログラム「Open Network Lab Resi- Tech」に採択された一環で実施するもの。不動産関連企業7社の共同実証事業となり、ライナフはYperとともに、共同で実証実験に取り組む。

 実証実験では、ライナフのIoT製品「NinjaEntrance(ニンジャエントランス)」を、マンションのエントランスに設置。配達員がテンキーで宅配便の伝票番号を入力すると、一時的にオートエントランスを解錠でき、玄関先や指定場所に設置された置き配バッグOKIPPAに、荷物を届けることが可能となる。

 エントランスの開閉記録は、NinjaEntranceのシステム上で管理し、管理会社はログの確認が可能。将来的には、宅配物だけでなく、買い物代行や家事代行などのサービスが入ってくる仕組みを整えるとしている。

置き配バッグ「OKIPPA」
置き配バッグ「OKIPPA」
エントランス専用のIoT製品「NinjaEntrance」
エントランス専用のIoT製品「NinjaEntrance」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]