logo

アマゾンの「Dash」ボタン、8月31日に機能停止へ--仮想ボタンは継続

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年08月02日 10時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間8月1日、全世界ですべての「Dash」ボタンの機能を8月31日をもって停止することを明らかにした。

AmazonのDashボタン
AmazonのDashボタン
提供:Amazon

 今回の決定に先立って、Amazonは2月にボタンの新規販売を取りやめている。同社は当時、既存のDashボタンでは引き続き注文できるようにしていたが、Amazonの広報担当者によると、その後に利用が「大幅に鈍化」したため、プログラムのサポートを完全に打ち切ることにしたという。

 現在、多くのプリンターや洗濯機にはDashボタンが組み込まれているも同然だ。新たに何かを購入したければ、Amazonが新しいボタンを送ってくるのを待ってから届いたボタンを設置して押す代わりに、「Alexa」に頼めばいい。

 Amazonはすでに、物理的なボタンに代わる仮想Dashボタンを自社サイト上で提供しており、この仮想Dashボタンは今後も引き続き利用できる。Amazonによると、Alexaを利用した音声による買い物や、「Dash Replenishment Service」(DRS)など、Dashボタン以外の方法による購入が増加しているという。DRSは、家電製品が必要な商品を自動で再注文できる機能を提供する(例えば、プリンターだと新しいインクを自動で購入できる)。人気の高い「Subscribe & Save」(日本での「定期おトク便」に相当)も、長年Dashボタンを愛用してきたユーザーにとって新たな買い物の手段となるはずだ。

 気が付いてみれば、Dashの中核をなす、よりシームレスなショッピングというコンセプトは、ほぼすべてのスマートホームの中に息づいている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]