logo
Kickstarter

BlackBerryファンが泣いて喜ぶキーボード付きスマホ「Titan」--防水、防じんのタフ設計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバイル端末「BlackBerry」や電子書籍リーダー「Kindle Keyboard」など、ハードウェアキーボード付きのガジェットが操作感と見た目の両面で好きだ。しかし、そうしたデバイスはコストが高くなるうえ、小型化や軽量化、薄型化、大画面化にどうしても不利なため、選択肢は限られる。

 そこで、キーボード好きのガジェットファンに、現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中のスマートフォン「Titan」を紹介しよう。

BlackBerryを彷彿とさせるデザイン(出典:Kickstarter)
BlackBerryを彷彿とさせるデザイン(出典:Kickstarter)

 Titanは、4.5インチ(1440×1440ピクセル表示)のタッチ対応画面の下にQWERTYキーボードが設けられたAndroidスマートフォン。かつて大人気だったBlackBerryを彷彿とさせるデザインだ。ハードウェアキーボード付きのデバイスは製造コストが高くなってしまうが、手のひらサイズのスマートフォン「Atom」を世に送り出した実績のあるUnihertzが取り組んでいるプロジェクトなので、実現性は高い。

 一般のスマートフォンと同じ画面タッチ操作に加え、キーボードから入力できる。さらに、キーボードに指を触れさせて動かすジェスチャーで、スクロールなどの操作もできる。キーボードにはバックライトが内蔵されており、暗いところでも入力しやすい。

ジェスチャー操作に対応するバックライト付きキーボード(出典:Kickstarter)
ジェスチャー操作に対応するバックライト付きキーボード(出典:Kickstarter)

 IP67相当の防水性と防じん性を備え、衝撃にも強いという。側面のボタンには、カメラのシャッターなどさまざまな機能が割り当てられる。このボタンにトランシーバー機能を設定しておくと、アウトドア活動などの際に便利だろう。指紋認証と顔認証にも対応している。

防水性、防じん性、耐衝撃性を備える(出典:Kickstarter)
防水性、防じん性、耐衝撃性を備える(出典:Kickstarter)
ワンタッチでトランシーバーに(出典:Kickstarter)
ワンタッチでトランシーバーに(出典:Kickstarter)

 SIMロックフリー端末であり、世界各地のLTEネットワークに対応。Titanのキャンペーンページにある画像には、NTTドコモとソフトバンクのロゴが掲載されている。デュアルSIM機だが、スロットにSIMカードを2枚入れられるほか、SIMカードを1枚だけにして、micro SDカードをセットする使い方も選べる。

世界各地のLTEに対応(出典:Kickstarter)
世界各地のLTEに対応(出典:Kickstarter)
デュアルSIM、またはSIMとmicro SD(出典:Kickstarter)
デュアルSIM、またはSIMとmicro SD(出典:Kickstarter)

 バッテリ容量は6000mAh。USB Type-C(USB-C)ポートからの充電と、ワイヤレス充電が可能。そのほかの主な仕様は以下のとおり。

  • プロセッサ:オクタコア、動作周波数2GHz
  • RAM:6ギガバイト
  • ストレージ:128ギガバイト
  • カメラ:1600万画素(アウト)、800万画素(イン)
  • センサー:指紋、加速度、ジャイロスコープ、近接、周辺光、電子コンパス
  • OS:Android 9.0
  • サイズ:153.6×92.5×16.65mm
  • 重さ:303g
  • その他:Bluetooth、Wi-Fi、NFC、GPS

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間8月29日まで。記事執筆時点(日本時間8月1日13時)でキャンペーン期間は28日残っているが、すでに目標金額10万ドル(約1092万円)の5倍近い約49万6000ドル(約5417万円)の資金を集めている。

Titanの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]