logo

配車サービスのGrab、インドネシアに約2200億円を投資へ--ソフトバンクから調達

Eileen Yu (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年07月30日 08時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライドシェアサービスを提供するGrabは、インドネシアに今後5年間で20億ドル(約2200億円)を投資する計画を現地時間7月29日に明らかにした。同社に現在出資するソフトバンクから調達する20億ドルにより、インドネシアにおけるサービスとインフラのデジタル化を推進するという。

 電気自動車による交通ネットワークなどの地域のデジタルインフラの開発や、「手の届く価格の」Eヘルスケアサービスの導入を目指すという。ジオマッピングツールも共同で開発するほか、同国に第2本社も開設する。第2の拠点は、ジャカルタにある研究開発(R&D)センターを含み、フードデリバリー事業「GrabFood」の第2本社として機能する。

 Grabはさらに、今後3カ月のうちに、医師や医療サービスに対するインドネシア人のアクセスを「大幅に」高めることを目的としたEヘルスケアサービスを導入するとも述べたが、それがどのようなものになるかという詳しい情報は明らかにしなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]