logo

パナソニック、スマホ連動で写真、動画、番組を楽しめる「おうちクラウドディーガ」

加納恵 (編集部)2019年07月30日 13時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは7月30日、コンパクトサイズのBDレコーダー「おうちクラウドディーガ」に「DMR-2G300/2T200/2T100」(想定税別価格:9万5000円前後/8万円前後/7万円前後)を発表した。写真、動画、撮影ビデオなどをブルーレイディスクに自動保存できる。発売は8月23日。

「DMR-2G300」
「DMR-2G300」

 おうちクラウドディーガは、「ディーガ」内にためた写真、動画やCD楽曲などのコンテンツをスマートフォンやタブレットで簡単に共有できるBDレコーダー。写真や動画はブルーレイディスクに自動でバックアップできる。「かんたんディスク保存」機能を使えば、電源「切」中に自動でBD-R/REに書き出しが完了。書き出しを行っていないコンテンツから保存でき、重複のないバックアップが可能だ。

 スマートフォンを使用すれば、ブルーレイディスクの容量がいっぱいになったときに、アプリ経由で知らせてくれるほか、スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」で、本体にためた音楽や写真、動画の視聴が可能。写真や動画にメッセージを付けて、おうちクラウドディーガに送信もできる。

 アプリ経由で、離れて暮らす家族に写真や動画の送信が可能。1回の操作で複数のおうちクラウドディーガにおくることも可能だ。

 アプリでは、録画番組の視聴にも対応し、外出先からの録画予約も実現。番組表に加え、キーワード検索にも対応する。有料の「ディモーラ プレミアム」会員に登録すれば、シーン一覧表示で、見たいシーンから再生も可能。スマートフォンをリモコン代わりにして使える。

 MP3/WAV/FLAC/AAC/DSD/ALAC/AIFFの音楽ファイル再生に対応し、ハイレゾ音源再生もサポート。4K撮影動画の保存、再生も可能だ。2G300のみ「お部屋ジャンプリンク」を使えば、録画番組や放送を家じゅうに2カ所に同時配信できる。高さ80mm×幅215mm×奥行き215mmのコンパクトボディを採用する。

「DMR-2G300/2T200/2T100」
「DMR-2G300/2T200/2T100」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]