logo

ソニー、360度映像表示できる円筒透明スクリーンディスプレイ--SIGGRAPH2019に展示

加納恵 (編集部)2019年07月29日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは7月29日、ホログラムスクリーン技術を使った360度映像表示可能な円筒透明スクリーンディスプレイを開発したと発表した。米国カリフォルニアで現地時間7月28日から開催されている「SIGGRAPH 2019」で展示している。

ホログラムスクリーン技術を使った360度映像表示可能な円筒透明スクリーンディスプレイ
ホログラムスクリーン技術を使った360度映像表示可能な円筒透明スクリーンディスプレイ

 これは、透明な円筒スクリーンに映像を投影することで、周囲360度どこからでも映像を楽しむことができるディスプレイ。通常、光は透明な物体に対して透過するため、透明ディスプレイは、その透明度と投影された映像の輝度を両立するのが困難とされていたが、今回、高い透明度を保ちながら高輝度の映像表示が可能なホログラムスクリーンの開発に成功した。

 毎秒1000フレームで撮像が可能な高速ビジョンセンサー「IMX382」を用いた高速カメラにより、視聴者の位置を360度シームレスにリアルタイムトラッキングすることで、常に円筒内にあるように映像を表示し、2D映像でありながら実在感の高い表現を実現。SIGGRAPH2019の会場では、複数台使用し、それぞれの映像を連動させたデモ展示をしているという。ソニー・インタラクティブエンタテインメントが開発したアプリで、360度映像とそれに協調するサウンドをハンドジェスチャーでリアルタイムに操作できる、新たなインタラクティブな体験もできるという。

 なお、ソニーでは、SIGGRAPH2019会場にて網膜直描技術を使ったフルカラーのARアイウェアの試作機も展示している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]