logo

Facebook、FTC制裁も予想上回る増収--2Q決算

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2019年07月25日 10時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間7月24日、2019年度第2四半期(6月30日締め)の決算を発表した。これによると、同社のサイトには依然として膨大な数のユーザーがログインしているようだ。世界最大のソーシャルネットワークである同社によると、第2四半期の月間利用者数は24億1000万人と、前年同期比で8%増加した。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

 売上高は約169億ドルで、Thomson Reutersがまとめたアナリスト予測平均の165億ドルを上回った。

 一方、純利益は約26億ドル(1株あたり0.91ドル)で、アナリスト予測の1.85ドルを下回った。Facebookによれば、米連邦取引委員会(FTC)との和解に伴う法的費用など、複数の支出が利益に影響したという。

 Facebookの最高経営責任者(CEO)で共同創業者のMark Zuckerberg氏はアナリストとの電話会議で、反トラスト法がらみの問題については触れなかったものの、ユーザーのプライバシーを保護し、Facebookのプラットフォーム経由でユーザーデータにアクセスする開発者を監視すると断言した。

 「当社にとって、これは大きな転換点だ」とZuckerberg氏は述べた。「当社が構築しているサービスを、数十億人が毎日信頼して利用し、彼らにとって大切な人たちとコミュニケーションをとっている。プライバシーは当社が提供するサービスにとって以前から重要なものだが、ソーシャルネットワークに対する当社の未来のビジョンにとって、ますます中心的な位置を占めるようになっている」とZuckerberg氏は語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]