logo

Facebookの子供向けメッセージアプリに不具合、未承認ユーザーが子供らとチャット可能に

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月24日 08時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間7月22日、「技術的誤り」により、同社の子供向けメッセージアプリを利用していた数千人の子供たちが、保護者に承認されていないユーザーらとのグループチャットに参加できる状態になっていたと発表した。

Messenger Kids
提供:Jason Cipriani/CNET

 「Messenger Kids」というこのアプリは、6〜12歳の子供たちが、自分の保護者が承認済みの家族や友達に対して、メッセージを送信したり、ビデオチャットをしたりできるものだ。

 例えば、このアプリを使用する少女は、保護者が承認した友達に招待された場合に、グループチャットに参加できる。しかし不具合のせいで、少女の保護者の承認を得ていないユーザーがこのグループチャットに含まれているケースがあったという。ただし、Facebookによると、そうしたグループチャットのメンバーは、その友達の保護者には承認されていた。

 Facebookの広報担当者は声明で、「Messenger Kidsアカウントユーザーの一部の保護者を対象に、技術的誤りについて最近通知した。当社はこの誤りが少数のグループチャットに影響していたことを検出した」「影響のあったチャットを無効にし、Messenger Kidsとオンライン安全性に関する追加情報を保護者に提供した」と述べた。

 広報担当者によると、Facebookはこの誤りが生じた原因についてはまだ調査中だが、問題は修正済みだという。Facebookがどのようにしてこの誤りを発見したのかという質問に、この広報担当者は回答できなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]