logo

ルンバi7と連携も--アイロボット、カメラを搭載した床拭きロボット「ブラーバ ジェットm6」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイロボットジャパンは7月23日、ブラーバのフラッグシップモデルとして、床拭きロボット「ブラーバ ジェットm6」を7月26日より全国のアイロボット認定販売店ならびにアイロボット公式ストアにて販売を開始すると発表した。公式オンラインストア価格は、6万9880円(税別)。


 ブラーバ ジェットm6は、日常生活に伴う皮脂汚れを原因とするこびり付いた汚れ、キッチンの油汚れなどをジェットスプレーで浮き上がらせて拭きとる床拭きロボット。洗って繰り返し使える専用のクリーニングパッドなどを付属している。


 シーンに合わせて「水拭き」と「から拭き」の2種類の清掃モードが選択でき、薄型のデザインにより、部屋の隅から手の届きにくい家具の下などボタンひとつで最大60畳まで清掃、家中の床を一度に拭き掃除可能。



 また、ブラーバシリーズとして初めて本体にカメラを搭載。「iAdapt 3.0 ビジュアルローカリゼーション」による高度なナビゲーションを実現した。ルンバのフラグシップモデル「ルンバi7」シリーズにも搭載している「Imprintスマートマッピング」技術が、最大10エリアの異なるフロアのマップ(間取り図)を作成。最適なパターンで効率的に拭き掃除を行うという。

 リビングやキッチンなどの部屋の種類を記憶できるので、ユーザー自身が設定した特定の部屋のみ掃除することや、曜日や時間ごとに掃除をする範囲の調整も可能。

 さらに、アイロボット独自の新技術「Imprintリンク」を搭載。「ルンバi7」シリーズと一緒に使用すると、ロボット同士が連携。ルンバの清掃後にブラーバ ジェットm6が自動で起動するため、自動で掃除機掛けから拭き掃除までを一貫してロボットに任せることが可能となった。


 なお、ブラーバ ジェットm6には、シリーズ初となる自動充電&自動再開機能を搭載。状況に応じて自動でホームベースに戻って充電、充電後は清掃を再開し、床をくまなくキレイにできるようになった。また、同シリーズで初めてWi-Fiに対応。iRobotHOMEアプリを使えば、外出先からも清掃を開始できるほか、GoogleアシスタントやAmazon Alexaを使うことで、話しかけるだけで操作することも可能。


 サイズは、奥行き25.2cm×幅27cm×高さ9cm。重量は、約2.2kg(バッテリー装着時/クリーニングパッド除く)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]