logo

「オフィスおかん」のOKAN、ハイジーンファクター特化のHRTechサービスを展開

佐藤和也 (編集部)2019年07月19日 16時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ぷち社食サービス「オフィスおかん」を展開しているOKANは、離職の約8割の理由とされている「ハイジーンファクター」に特化した、調査・改善サービス「ハイジ」を、7月17日からリリース。HR分野に参入する。

 同社では、厚生労働省の調査における離職理由の約8割に、自身の健康状態や家庭との両立、同僚との関係、職場環境などに起因するハイジーンファクターとされていることを背景に、サービスを開発。従業員がオンラインで10分程度のアンケート回答をすることで、離職発生のバロメーターになる「職場推奨度」および、影響を及ぼしている「ハイジーンファクター」を12要素に分類/数値化。部署や年齢といった区分ごとのに結果を一覧で比較することができ、企業における改善すべき問題の原因と、その優先順位を明確にすることができるとしている。問題に対する打ち手の相談や解決策の成果を継続的に測ることができるため、組織状態の根本的な改善を可能にするとしている。

 同社ではハイジによるHR分野の参入を皮切りに、仕事と生活に関わる個人の価値観であるワーク・ライフ・バリューを各企業個々が理解し、従業員をサポートすることを目的として、問題特定から改善や解決までの支援サービスを企業向けに提供してくという。

ハイジーンファクター特化の「ハイジ」イメージ
ハイジーンファクター特化の「ハイジ」イメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]