logo

「大人のためのスマホ銀行」--あおぞら銀行、0.2%の金利と自動貯蓄できる新ネットバンク

近藤克己 (プラスワン・クリエイティブ)2019年07月18日 12時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京都千代田区に本店を置く中堅バンクのあおぞら銀行は7月16日、新しいマネーサービス「BANK」を開始した。スマートフォンアプリを軸としたネットバンクで、あおぞら銀行 代表取締役社長の馬場信輔氏は「シンプルで分かりやすく使いやすいサービスを作った。自分でお金の使い方、貯め方、お金を使って楽しむ人生のあり方をきめていただく、大人のためのスマホ銀行だ」と、そのコンセプトを説明した。

「BANKは大人のためのスマホ銀行」と馬場信輔社長
「BANKは大人のためのスマホ銀行」と馬場信輔社長

 サービススタートにあたって、「BANK The Debit」「BANK The Savings」「BANK The story」の3つの機能を提供する。BANK The Debitは、まず、BANK利用者はBANK支店に口座を開設するとVisaデビット機能付きのキャッシュカードが送られてくるのだが(物理カードのみ)、同カードによってゆうちょ銀行ATMでの入出金(無料)が可能なほか、Visaデビット(Visaタッチ決済対応)の利用額に応じて0.25~1%のキャッシュバックが受けられる。

業界No.1の高金利、0.20%

 利用限度額は1日最大500万円。年会費は無料。さらにBANK支店では普通預金金利が年0.20%(税引き後年0.159%)となる。メガバンク普通金利が年0.001%である中で、0.20%は業界No.1の高金利だ。

BANK支店に口座を持つとVisaデビット機能付きキャッシュカードが発行される
BANK支店に口座を持つとVisaデビット機能付きキャッシュカードが発行される
物理カードとスマホアプリを連動して利用する
物理カードとスマホアプリを連動して利用する
普通預金の金利は0.2%と業界ナンバー1の高金利
普通預金の金利は0.2%と業界ナンバー1の高金利

 「BANK The Savings」はお金を使うたびに自動的に貯蓄もできる「自動積立貯金箱」。店舗やネットショッピングなどでVisaデビットを使って料金を支払うと同時に、自分で設定した目標金額とルールに従って自動的に積立が行われる。たとえば、積立金額をデビット支払いの30%と設定した場合、スーパーで1万円の支払いをすると同時に3000円が貯蓄される。もちろん、自分の口座からお金を移動するだけだが、知らず知らずのうちにお金が貯まるので、貯蓄が苦手な人には最適かもしれない。

 貯蓄目標は最大20個まで設定できるので、「旅行用」や「誕生日プレゼント用」「自宅購入」など、手軽に複数の貯蓄ができる。なお、貯蓄預金にも年0.20%の金利が適用される。

貯蓄目標は最大20個まで設定可能なので目的別の貯金ができる
貯蓄目標は最大20個まで設定可能なので目的別の貯金ができる
貯金額は自分で設定できる
貯金額は自分で設定できる
貯蓄目標は最大20個まで設定可能なので目的別の貯金ができる
貯蓄目標は最大20個まで設定可能なので目的別の貯金ができる

 BANK The storyは、「人生を豊かにするお金の使い方」を提案するもので、たとえば、茨城県霞ヶ浦のシラウオの帆引き船漁見学ツアーが家族4人で6000円といった「1万円でできる素晴らしい体験」や、「家族や友人を喜ばせるサプライズギフト」といったストーリー(情報)をアプリに掲載。気に入ったストーリーがあればBANK The Savingsの目標としても設定可能だ。今後ストーリーは順次追加していくとしている。

お金を貯めたくなるストーリーを順次提供
お金を貯めたくなるストーリーを順次提供
貯蓄目標は最大20個まで設定可能なので目的別の貯金ができる
貯蓄目標は最大20個まで設定可能なので目的別の貯金ができる
新サービスのキービジュアルには氷山写真家の遠藤励氏の「氷山」を採用。今後もアーティストのコラボを積極的に実施していく予定
新サービスのキービジュアルには氷山写真家の遠藤励氏の「氷山」を採用。今後もアーティストのコラボを積極的に実施していく予定
キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]